保育園について

法人理念

神戸保育園は献身的保育活動にあたっていた神戸婦人奉公会を前身とし、明治39年11月生江孝之氏を中心に創立されました。 生江孝之氏は、児童は「立派に生んでもらう」「立派に養育してもらう」「立派に教育してもらう」権利があり、その権利の保障としての使命があるとの理念を持ち、児童福祉の実践を行いました。

* 家庭を忘れ、親を除外して児童の問題は解決できない。子を親とともに受容し、家庭に及ぼすことこそ児童愛護である。
* 児童は1個の人格として厳然たる姿をもつものである。
* 児童は「国の児童」「社会の児童」である。よって、児童を健全に保育することは社会の義務である。
* 児童の幸福は家庭の中心に行わなければならない。家庭が団結し親子が離散しないよう家庭生活の改善向上を計ること。

保育目標

家庭的な雰囲気の中で、心も体も健康な子どもを育てよう

  • 保育内容
  • 保育園紹介
  • 保育について